ニュース
■1月17日(水)
留学生の陳崇皓さん 松本市役所で就業体 験
 松本市役所で、台湾・高雄市出身の法 政大学経営大学院生・陳崇皓さん(34)がインターンシップ研修をしている。大学院の授業プログラムの一環で研修期間は15日〜2月21日となり、市が外 国人留学生を長期間受け入れるのは初の試みだ。MBA(経営管理修士)を取得するために自治体経営を学ぶ陳さんは「松本と台湾の交流を増やしたい」とも語 る。

貞享騒 動のあらまし紹介 義民記念館が壁掛け作製
 江戸時代の 貞享3(1686)年に松本藩で起きた農民一揆・貞享(加助)騒動のあらましを小学生にも分かるよう文字と絵でまとめた壁掛け「『じょうきょうそうどう』 を知っていますか?」が16日、騒動を顕彰している安曇野市三郷明盛の貞享義民記念館(清水祥二館長)にお目見えした。2月11日まで展示した後、市役所 本庁舎や各地域の公民館、小中学校を巡る予定だ。

塩尻市の備蓄食料 倍増へ 災害用 5年で1 万4000食に
 塩尻市は本 年度から5カ年で、災害時の食料の備蓄量を倍増させ、1万4000食にする取り組みを進めている。平成27年度に県が発表した地震被害想定に基づき、避難 所に身を寄せる多くの被災者が2日間は備蓄した食料でしのげるようにする。

生坂万平常会 伝統の炎守る 小正月行事、絶 やさず継承
 生坂村上生 坂区の万平(まんだいら)常会が15日夜、小正月の伝統行事・三九郎を行った。近年、小正月に近い土・日曜に集中して行われることの多い三九郎だが、常会 では15日午後7時と決めて、毎年絶やさず続けている。住民の高齢化が進むものの、伝統を守り続けたいと強く願っている。

南木曽出身の武儀山舞さん 空手の国際舞台で 活躍
 南木曽町読 書出身の帝京大学3年生・武儀山舞さん(20)=東京都八王子市=が、空手の女子団体形の全日本強化選手として活躍している。本年度初めて全日本入りし、 昨年11月に沖縄県で開かれた世界大会・空手1シリーズAで優勝するなど、国際舞台で実績を挙げつつある。今年は11月にスペインで開かれる、4年に1度 の大舞台・世界選手権への出場が最大の目標だ。

池田六之助さんの“お宝” 「なんでも鑑定団」で高評価
 松 本市沢村3のアステップ信州取締役会長の池田六之助さん(85)は、主に欧州で作られたワインなどの瓶のコルク栓を抜く道具「コルクスクリュー」を収集し て30年になる。約350点を所有する“国内随一”の収集家で「将来的にミュージアムを作りたい」という。テレビの人気番組「開運!なんでも鑑定団」に出 演し、その様子がテレビ東京で23日、テレビ信州で2月18日に放映される。

凍り餅作り 波田で最盛期
 松 本市波田の農産物加工施設・味工房はたで、今冬も凍り餅作りが最盛期を迎えている。冬場の厳しい寒さを生かして作る伝統的な保存食で、地元の農家の女性た ちでつくる「波田みはらし味の会」の会員たちが連日、作業に追われている。

御嶽海 3連勝 大相撲初場所
 大 相撲初場所(両国国技館)3日目の16日、上松町出身で東関脇の御嶽海(出羽海部屋)は、西小結・阿武咲(阿武松部屋)を突き落としで破った。東小結だっ た昨年5月の夏場所以来となる初日からの3連勝を飾った。4日目の17日は、東小結・貴景勝(貴乃花部屋)と当たる。

CNN 特集で松本城紹介 外国人誘客へ関係者が期待
 米国大手メディアのニュース専門放送局・CNNテレビのウェブサ イト上の特集記事「2018年に訪れるべき18の場所」に、日本からは唯一長野県が選ばれ、松本市の国宝・松本城が紹介されている。市や松本城の関係者は 「世界的に注目される。影響力は大きい」と喜び、近年増加している外国人観光客の、さらなる誘客効果に期待を高めている。