ニュース
■7月23日(日)
松商が2年連続決勝へ 夏の高校野球長野 大会
 第99回全国高校野球選手権長野大会 は22日、長野五輪スタジアム(長野市)で準決勝を行い、中信勢は松商が岩村田を10―3の8回コールドで下し、2年連続で決勝進出を決めた。佐久長聖― 東海大諏訪は、佐久長聖が12―0の6回コールドで勝ち、決勝カードは2年連続で松商―佐久長聖となった。決勝は23日に同球場であり、松商は平成20年 以来9年ぶりの夏の甲子園を目指す。

ハイジ の里 1周年祝う JAあづみ もろこし祭り
 JAあづみ は22日、安曇野市豊科南穂高で運営する大型農産物直売所「安曇野スイス村ハイジの里」で、直売所開設1周年を記念したイベント「闘魂もろこしフェスティ バル」を開いた。安曇野産トウモロコシを販売したほか、地元産タマネギの詰め放題やスープの振る舞い、音楽イベント、料理教室など多彩な催しがあり、大勢 でにぎわった。

ワイン列車で塩尻PR ホームで特産の「白」 堪能
 JRの観光 誘客企画・信州デスティネーションキャンペーン(DC)の「信州ワイントレイン」が22日、塩尻市のJR塩尻駅と北安曇郡白馬村の白馬駅間で運行された。 塩尻駅で出発前イベントが開かれ、塩尻産のワインが振る舞われるなどしてにぎわった。

夏の週末 催し多彩に 住民が思い思いに満喫
 東筑摩郡と 北安地域の各地で22日、夏を楽しむ催しが開かれた。麻績村の麻績保育園では恒例の夏祭りがあり、松川村では公民館と図書館が初めて企画した「りんりんピ クニック」がリンリンパークなどで開かれた。

木曽・水無神社 例大祭始まる
 木曽町福島 の水無神社例大祭が22日に始まった。「枠持ち」と呼ばれるみこしの担ぎ手たちの「そうすけ、こうすけ」の掛け声が街なかに勇ましく響き、子供たちがおは やしを奏でながら練る屋台「だんじり」も祭りを盛り上げている。

御嶽海 悔しい3連敗 千秋楽は阿武咲と対戦
 大相撲名古 屋場所(愛知県体育館)14日目の22日、上松町出身で西関脇の御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭5枚目・栃煌山(春日野部屋)に寄り切りで敗れた。勝ち越 しを決めた後の3連敗で、千秋楽の1番を残して8勝6敗となり、新関脇場所での2桁勝利を逃した。

松商記録員の伴場洋紀君 応援席の思い背負いベンチに
「ベ ンチ入りできなかった3年生の思いを背負っている」―。
 第99回全国高校野球選手権長野大会の準決勝松商―岩村田戦が行われた22日、記録員として松商のベンチに入った伴場洋紀君(3年)は、試合が終わると 2年連続で決勝進出を決めた選手たちを笑顔で迎えた。試合中はベンチから戦況を見つめ、配球を分析したり声掛けをしたり。立場は違うが、グラウンドに立て ない仲間の思いを胸に、選手とともに戦っている。

山雅が2ゴールで白星 暫定7位に浮上
 サッカーJ2松本山雅FCはリーグ戦第24節の22日、松本市の 総合球技場アルウィンで愛媛FCと対戦し、2−1で勝った。勝ち点3を加えて順位を暫定7位に挙げた。MF石原が前半に2ゴールを挙げ、後半の愛媛の猛攻 をかわして逃げ切ると、1万1000人を超える山雅サポーターで埋まったスタジアムは歓声に包まれた。