ニュース
■12月30日(土)
お正月が楽しみ! 帰省ラッシュ始まる
 松本・木曽地方で29日、年末年始を 故郷で過ごす人たちの帰省ラッシュが始まった。首都圏からの鉄道や高速バスは午前中から混雑し、JR松本駅では、大きな荷物を抱えた帰省客たちが、出迎え にきた家族や親戚、友人らと久しぶりの再会を喜ぶ姿が見られた。30日にかけてピークとなり、列車の指定席や高速バス、空の便の予約はほぼ満席となってい る。

熱気あ ふれる止市 松本の公設卸売市場
 松本市笹賀 の市公設地方卸売市場で29日、年内最後の競りとなる「止市」が開かれた。年末年始に備えて販売する品を確保しようと多くの買い付け人が訪れ、午前6時半 に競りが始まると1年の商いを締めくくる威勢の良い掛け声が場内を飛び交った。

年越しそば 発送大忙し 朝日で師走の風景
 全国に生そ ばを通信販売している朝日村古見の「そば処もえぎ野」は、年越しそばの注文に応じる作業に追われている=写真。製造や発送は29日以降に限られ、大みそか まで忙しさが続く。

小平 1500でも五輪 スケート代表選考会
 平昌五輪の スピードスケート日本代表選考会は3日目の29日、男女1500メートルを行った。女子1500メートルは小平奈緒(相澤病院)が1分56秒60の2位と なり、五輪代表入りを確実にした。小平は500メートルと1000メートルで五輪出場を決めており、これで3種目となる。

百日夜警 伝統守り110年 安曇野 明科区 の消防団
 安曇野市明 科中川手の明科区で、消防団による伝統の「百日夜警」が、この年末も行われている。区内で起きた大火を教訓に明治40(1907)年に始まった夜警で、今 年110年目の節目を迎えた。寒さの厳しい師走半ばから来年の4月初めまでの100日間、団員がかねを鳴らして区内を巡回し、住民に「火の用心」を呼び掛 けている。