ニュース
■12月29日(金)
アルピコプラザ4店船出 松本駅前新たな 活力に
 松本駅前の松本バスターミナルビルに 来年2月中旬に本開業する複合商業施設「アルピコプラザ」の中核テナントの一角となる衣料品販売4店が28日に開店し、9月にアリオ松本が閉業してから途 絶えていたビルへの客足が戻った。県内最大級の商業施設「イオンモール松本」(松本市中央4)の開業も重なって中心市街地の人の流れが大きく変化したこと で、駅前では売り上げが2〜4割落ちているという個人商店もあり、にぎわい創出に向けてプラザへの期待が高まっている。

認知症 に初期対応チーム 安曇野 専門職が支援
 安曇野市 は、認知症が疑われるものの医療・介護サービスを受けていない人の家庭に、いち早く支援の手を差し伸べるための「認知症初期集中支援チーム」を、市役所本 庁舎の中央地域包括支援センターに12月に設置した。保健師や専門医などの専門職がメンバーとなり、緊密に連携しながら家庭訪問や受診勧奨といった初期対 応を充実させる。

書き初めの基本 児童練習 塩尻・桔梗小 PTA 寺子屋教室
 塩尻市の桔 梗小学校PTA(小野伸二会長)は28日、小学校体育館で、開放講座「寺子屋教室」の書道教室を開いた。冬休みに入った児童約90人が、学校支援ボラン ティアの地域住民と、小学校に隣接する塩尻志学館高校の書道部員の計30人に教わりながら、正月の書き初めで書く文字を練習した。

坂井・イチゴの出荷大忙し 来月13日から収 穫体験
 筑北村坂井 いちご園がイチゴの出荷作業に追われている。今季はビニールハウス3棟で栽培しており、収穫に地域おこし協力隊員ら6人が励んでいる。今季からインター ネットを活用した宣伝活動にも力を入れており、1月13日からは今季のイチゴ狩りの受け付けも本格スタートさせる。

干支の洋菓子ワンダフル 木曽の田ぐちであす 発売
 木曽町福島 の菓子店・田ぐちは30日、来年の干支「戌」にちなんだロールケーキ「ワンダフルなロールケーキ」を発売する。ミニチュアダックスフンドをイメージした田 口益生社長(45)の自信作だ。

松本城で年末の大掃除
 国 宝松本城で28日、年末恒例行事の「すす払い」が行われた。松本城管理事務所の職員ら35人が長さ約4〜7bの専用のほうきで天守の軒下などにたまったほ こりやクモの巣を取り除き、新しい年を迎える準備を整えた。

小平が1000でも国内最高V スケートの五輪代表選考会
 平 昌五輪のスピードスケート日本代表選考会は2日目の28日、長野市のエムウェーブで男女1000メートルを行った。女子1000メートルですでに選考基準 を満たしている小平奈緒(相澤病院)は1分14秒58の国内最高記録で優勝し、五輪代表入りを確実にした。

なでし こ松商の大池さん 裏方でイレブン支える
  30日に兵庫県で開幕する第26回全日本高校女子サッカー選手権大会に出場する松商の登録メンバーの1人に、3年生の大池優衣さん(18)がいる。1年生 の時から主力選手として守りの要であるセンターバックを担ってきたが、今夏の試合で右膝の靱帯を損傷し、「憧れのフィールド」で駆けることができなくなっ た。悔しさをにじませつつも、裏方から大舞台に挑む仲間のサポートに徹する決意だ。