政治・経済

金井氏知事選に出馬表明 県民の会擁立共産推薦へ

 任期満了に伴う7月19日告示、8月5日投開票の県知事選挙に、新人の元上田市議会議員・金井忠一氏(67)=上田市=が15日、無所属で立候補することを表明した。共産党県委員会などでつくる「明るい県政をつくる県民の会」の擁立候補で、長野市内で記者会見に臨んだ金井氏は「暴走が続く国政に対し、県民の暮らしや安全を守るためにノーといえる県政への転換を図りたい」と訴えた。今知事選には2期目の現職・阿部守一氏(57)=小諸市=も出馬表明しており、選挙戦となる見通しになった。


 金井氏は、原発再稼働や消費増税などの反対を訴え「悪政へ意思表示するような県政にしたい」と強調した。「大型公共事業優先の県政から県民の暮らし優先の県政への転換を目指していきたい」と述べた。
 共産を除く多くの政党の県組織が阿部氏の推薦に前向きなことから、「翼賛体制で緊張感やチェック機能を失うことになりかねない」と批判した。今月中に公約を公表する方針だ。
 金井氏は上田市出身で上田東高校卒。上田市役所に昭和45年から25年間勤務した。平成7年に同市議会議員選挙に立候補して初当選し、通算5期19年務めた。平成26年と今年3月の上田市長選に出馬し、ともに落選した。共産党籍を持つ。
 共産党県委員会は金井氏と政策協定を結んだ上で、近く推薦する方針だ。